重炭酸湯(入浴)とは?

重炭酸湯(入浴)とは?

重炭酸湯(入浴)とは?

炭酸泉は体の芯から温まり、血行促進、冷え、肩こり、腰痛、筋肉痛、自律神経安定などが期待され、ヨーロッパの天然炭酸泉は「心臓の湯」と呼ばれ健康保険が適用されるほど医療分野では活用されています。

また、美容効果も高くヘッドスパや化粧品などにも活用されていますが、実は重要なのは水に溶け難く数分で空気中に飛んでしまう「炭酸ガス」ではなく、炭酸ガスが湯中に溶け出すと同時に「重炭酸イオン」に変化していたことだと言われています。

ドイツや大分長湯温泉などの自然炭酸泉のpHを調べてみると6.7〜7.1の中性pHです。
このpHでは炭酸ガスは湯中に存在できず、ほとんどが「重炭酸イオン」に変化しています。
この「重炭酸イオン」が自然炭酸泉の温浴効果や清浄効果を高め、血流を上げ、お肌をスベスベにし、体を温めているものと考えられています。

大事なのは炭酸ガスではなく重炭酸イオンとクエン酸でした。

これまで炭酸泉が体にいい理由は炭酸ガスの泡だと固く信じられてきました。
しかし、炭酸ガスは直接皮膚から取り込まれるのではなく、湯中で重炭酸イオンに変化して取り込まれることがわかってきました。

また、お湯のpHも中性に近いほうがカラダに取り込まれる効果が高くいこともわかってきました。

クエン酸について

クエン酸について

クエン酸は炭酸ガスとの組み合わせでお肌を柔らかくし、皮膚内部からの老廃物を除去し、加齢臭をなくすといわれています。
重曹とクエン酸はお互いの性質が「アルカリ」と「酸」でとても反応しやすいため、少量の水分があるだけですぐに反応してしまい、タブレットにしてもすぐに発泡してしまって商品化は実現不可能と言われてきました。

そのため市販されている炭酸入浴剤は、重曹とフマル酸やコハク酸などで組み合わされ、錠剤化されています。そのため目指す心地よい肌ざわりのお湯の入浴感は味わえませんでした。

重曹とクエン酸という最も効果の高い組み合わせでこそ、高濃度の「重炭酸イオン」が長時間溶解し、「重炭酸湯」による「重炭酸温浴法」という新しい入浴スタイルを確立できたのです。

このタブレットはとても硬度が高く、お湯に溶かした時「クエン酸」が先に溶解してタブレット内部で炭酸ガスが発泡し、ミクロの炭酸ガスとしてタブレットの外に出てから「重炭酸イオン」に中和します。

また高濃度の「重炭酸イオン」は炭酸ガスのように空気中に揮発して逃げないので、24時間高濃度のまま溶解し続け、翌日に入浴してもその温浴効果を持続してお楽しみいただけます。

ホットタブの自然洗浄力

ホットタブの自然洗浄力

ホットタブの溶けたお湯は、クエン酸と重炭酸イオンによる清浄力で、お肌も髪もやさしく洗えます。またpHが中性になるので肌あたりがよく、お肌にトラブルを抱えている方も抵抗なくご利用いただけます。

温浴効果により血行がよくなる働きが毛穴を開き、清浄効果を高めるクエン酸の皮膚軟化作用により表皮の汚れを取り、開いた毛穴や髪などにこびりついたミネラル汚れも重炭酸イオンがやさしく洗い流してくれるのです。

お湯が中性になるからお肌の弱い方や赤ちゃんにも!

お湯が中性になるからお肌の弱い方や赤ちゃんにも!

タブレットが溶けたお湯はpHが中性(カルキ中和効果)になることで、お肌への刺激がない柔らかい湯ざわりを実現しています。

食品グレードの国産素材のみで製造されていますので、お肌の弱い方や赤ちゃんでも、安心してご入浴いただけます。もちろん頭からかぶっても問題ないのでシャワーでもお使いいただける新しい入浴剤なのです。

Item List商品紹介

ページの先頭へ